臨床心理士
心理判定員臨床心理士と関連のある資格

心理判定員

地方公務員のカウンセラーって!?

臨床心理士

心理判定員とは問題行動を起こしたり、問題を抱えている児童やその保護者などに相談・助言、面接や心理診断を行う有資格者を心理判定員と言います。
心の指導を行ってくれる心理判定員とはどんな資格なのでしょうか?

心理判定員とはどんな資格か

公務員がなる任用資格心理判定員とは、平成17年(2005年)に「児童心理司」という呼称に変更され、現在の児童相談所で働く心理判定員のことを「児童心理司」と呼んでいます。
児童相談所以外の機関・施設に従事する心理判定員の呼称は変わらず、そのままで呼ばれています。

心理判定員がその資格を活かして勤務する機関には、児童相談所・身体障害者更生相談所・肢体不自由者更生施設・婦人相談所・知的障害者更生施設など、その他に社会福祉施設には私営施設があり、これらの機関に勤めます。
業務内容は、児童や保護者といった対象者の現在の心理状況の確認や、状況確認のための検査、対話面接から見る行動観察というような個別療法やレクリエーション等の集団療法などです。
児童とともに遊んだり、遊びを通して話を傾聴したりする中で問題の改善・解決を目指した遊戯療法なども実施されています。

児童相談所などでは、心理判定員が対象者への面接や心理検査を行い、心理判断をします。
そしてサイコセラピスト(心理療法におけるスペシャリスト)が、技能を用いて児童への指導や保護者のカウンセリングを実施します。
通常はこの二通りの動作を1人の職員が兼務して行っていることが殆どです。
ただし、問題解決へは心理判定員だけで行うのではなく、児童福祉司や精神科医などの同職種または他職種と連携を取りながら、個人のニーズに合わせた支援が行われます。

心理判定員を取得する

心理判定員は国家資格や認定資格ではなく、任用資格となっています。
また心理判定員が活躍する場は、地方自治体が設けている施設が殆どで、地方公務員資格が必要です。
そのため心理判定員の職種は「地方公務員」となります。

心理判定員資格を取得する方法は以下になります。
  1. 精神衛生に関係する学識経験を持つ医師または同水準の人
  2. 大学や大学院において心理学を専門に学び、又は同水準の課程を修了して卒業した人

心理判定員を取得するには二つのうち、どちらかを満たす必要があります。
更に心理判定員として従事するには、地方公務員資格である上級(I種)地方公務員採用試験に受からなければなりません。
詳しくは各自治体にお問い合わせください。

心理判定員の求人・募集/給与・収入

心理判定員の勤務形態は、各自治体で設置されている機関での相談業務が多く、その殆どが定時勤務のようです。
心理判定員の採用は、社会福祉施設に勤務する人数、正規雇用・非正規雇用合わせて約230人と少なく、募集も少ないのが心理判定員の求人状況です。
そのため公務員としての就職は厳しいものがあるでしょう。

しかし、地方公務員ということなので給与は安定していると言えるでしょう。
公務員として従事している心理判定員の場合は、各自治体の公務員給与規定が基盤とされます。
また、私営施設に勤めている心理判定員の場合でも、大体公務員と同等くらいの収入となっているようです。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング