臨床心理士
メンタルケア心理士臨床心理士と関連のある資格

メンタルケア心理士

ストレス社会の味方!メンタルケア心理士とは

臨床心理士

メンタルケア心理士とはストレスや悩みの無い人なんて居ないのではないでしょうか?
自分から見て悩みがなさそうと思っても、深刻な悩みを抱えているかも知れませんよね。そんな心の問題と付き合う専門家、メンタルケア心理士についてご紹介します。

メンタルケア心理士(R)の現状

需要の高いメンタルケア心理士ストレス社会と呼ばれる現代は、現代病と呼ばれる疾患を引き起こすほどの心的負担を皆それぞれが抱えています。
現代病の中には、不眠症/パニック障害/うつ病など様々です。

メンタルケア心理士(R)は特許庁登録商標資格であり、悩みを抱えている人の心の健康を保つための健康アドバイザーと言える人です。

メンタルケア心理士は“メンタルケアセラピスト”や“メンタルケア心理専門士”とも称されています。
この資格は国家資格ではなく、平成17年(2005年)に“内閣府認証特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力教会”により創設された資格です。
ストレス社会という現代の需要に伴った資格とも言えるでしょう。
また、カウンセラーという分野での国家資格は日本では創られておらず、心理カウンセラーの資格を国家資格にという話などが乱立しているのが現状でもあります。

メンタルケア心理士は医療福祉の現場だけでなく、一般の企業などでもメンタルケアの技術が役に立っています。
心の問題は領域が広いので、一つの専門分野を極めていながらに他の専門分野への視点の幅もとても大切になります。

メンタルケア心理士の給与

一口にメンタルケア心理士といっても、従事場所により収入も個人差が出てくるかと思います。
一般企業や学校でカウンセラーとして勤める場合と、心理士として独自で開業し業務を行う場合には差があるようです。

独立開業し、カウンセリングなどの心理療法を施す場合は、60分で約5千円前後が標準価格となっているようです。

メンタルケア心理士の現状としては、自分のカウンセリングルームを開業し、且つその専門知識を活かし一般企業などでパートとして勤務する人が多いようです。

メンタルケア心理士の求人/募集

メンタルケア心理士の資格は、臨床心理士や産業カウンセラーに比べると、資格自体の価値や有利性が劣るため、求人・募集に関してもメンタルケア心理士募集と掲げている企業は少ないでしょう。そのため収入にも影響がないとは言えません。

メンタルケア心理士はカウンセリングに関係する機関(医療/福祉/教育/司法/産業など)のカウンセリングルームに勤務したり、独自に開業する人も最近は増えています。

このメンタルケア心理士という資格は、とても認知度の高い資格とは言えませんが、これからはますます高齢者が増え、ストレス社会で生きる私たちにとってメンタルケア心理士の需要は増えるのではという期待があります。

メンタルケア心理士になることは、常に誰かの心の問題と一生向き合って行かなければいけないということで、またそのために必要になることが自分を良く知るという自己理解です。
心理学の学習過程では、自分に関することや心理学に関することなどに新しい気付きがあったりと、とても魅力を感じる資格でもあるでしょう。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング