臨床心理士
児童心理司臨床心理士と関連のある資格

児童心理司

福祉法で子供を守る児童心理司

臨床心理士

児童心理司とは専門機関に従事し、障害を持った子供や児童を心理学的な見方から自立のサポートをする専門職です。
このページでは児童心理司についてご紹介します。

児童心理司ってどんな資格?

心理判定員から児童心理司へ児童心理司とは、もともと児童相談所などの専門機関に従事する「心理判定員」と呼ばれる任用資格で、平成17年(2005年)に現在の「児童心理司」という呼称に変更されました。
“児童心理司”という呼称の変更が行われたのは児童相談所のみで、心理判定員として従事し、配置が求められている身体障害や知的障害者などの更生相談所などに勤める場合は変わらず、“心理判定員”という呼称のままで従事することになります。
児童心理司になるには、心理学を専攻する学科を修了して卒業した人が児童心理司の受験申請を行うことが出来ます。

児童相談所とは、市町村と連絡を取り合いながら子供や児童を取り巻く家庭や家族、その他諸問題の相談に対し、子供が抱える問題や状況、必要としていること、子供が暮らす現在の状況を素早く的確に捉え、子供自身や家庭に良い結果をもたらすようにサポートしていき、子供の権利が守られることを目的とした行政機関です。

児童相談所には“児童福祉法”に則った機能があります。
子供への援助を行う相談機能、児童福祉施設への入所や里親へ委託する措置機能、効果的なアプローチを行うために一時的に子供を家から離して保護する機能があります。

配置基準も改正

児童心理司の配置基準も見直されました。
もとより児童相談所には児童心理司が配置されていましたが、配置人数等の基準は定められておらず、自治体に見られる配置格差がありました。
ですが、基準を決めることにより、児童相談所への児童心理司増員に繋がることが期待されています。
そして厚生労働省により、児童福祉司3人に対し児童心理司が2人以上を目標とし、1対1を目指すという配置基準が定められました。

児童相談所の心理判定員を配置すること自体は児童福祉法で制定されていて、制定内容の条文中に呼称についての規約はないとされています。
また認定資格の児童福祉司とは違い、児童心理司は任用資格という扱いとなっています。

児童心理司の仕事でイメージされるのは児童虐待についての対処などと思われがちですが、他にも知的障害者手帳(療育手帳)の判定に用いられる心理テストや、一般的な心理相談なども業務として実施しています。

厚生労働省によると、親からの虐待などで苦しむ子供や家族のサポートには、児童心理司だけでなく、児童福祉司も生活環境や生活相談等の調査に加わる必要があるとされていますが、児童福祉司は全国に約2千人いるのに対し、児童心理司は約9百人で、児童心理司の人数不足が指摘されています。

心理判定員って、どんな人?

虐待や養育の負担、発達上の問題など、児童生徒や保護者などの相談に応じる仕事をされています。
心理検査観察や診断面接などによって児童・保護者に対して心理カウンセリングが行われます。

医師や児童福祉司などの医療・福祉の専門職員と連絡を取りながら、現在の状況の調査、個人のニーズに応じてカウンセリングなどの心理療法を実施し、問題を解決・サポートするのが心理判定員です。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング