臨床心理士
教育カウンセラー臨床心理士と関連のある資格

教育カウンセラー

教育問題の改善に努める教育カウンセラー

臨床心理士

教育カウンセラーが求められる現代子供たちの世界でもストレスやイジメなどが広がっているのが現代の姿です。
その問題を事前に防ぐ役割をしているカウンセラーが教育現場には必要とされています。

教育カウンセラーとは何か?

教育カウンセラーの仕事教育カウンセラーは子供たちの間に広がる学校問題に迅速に対応し、子供が心に負った傷のケアや友達や人との関わり方を養い、集団生活に適応できるように支援します。

子供たちが抱えている心理問題や悩みを傾聴し、心理カウンセリングを実施して、問題改善のサポートを行うのも大事な役割です。
また、教育カウンセラーは生徒指導や進路指導、二者面談、授業、家庭訪問、道徳教育などにおいて心理臨床現場で用いられる知識や技能を使い、教育現場で働く教育心理のスペシャリストです。

資格取得の条件

教育カウンセラーは民間資格であり、資格取得は三段階に分かれています。
他にも教育機関に従事する資格では学校心理士やケアストレスカウンセラーなどがあります。

教育カウンセラーの資格を取得するには日本教育カウンセラー協会の養成講座を受け、筆記試験と小論文などの試験をパスすることが教育カウンセラーを取得する条件です。
資格取得後の教育現場での実務経験も評価のポイントに影響するので、経験を積んでおくことも大切なこととなります。

初級教育カウンセラー

日本教育カウンセラー協会が実施している“教育カウンセラー 養成講座”の講義を受け、受講後の筆記試験と書類審査をパスすることで、初級教育カウンセラーと認定します。
初級教育カウンセラーに求められるのは、日々の教育目的の中でカウンセリング知識や技能を取り入れながら活動することが出来る人です。

中級教育カウンセラー

中級教育カウンセラーの受験条件には、初級教育カウンセラーの資格を取得していることや、教育現場での実務経験や研究を行っていることが条件となっています。
そして筆記試験と実技試験をパスすることにより、中級教育カウンセラーの資格を取得できます。

教育現場で積んだ実績を生かし、教育現場や教育カウンセラーが働く職場で、カウンセリングリーダーとして従事することの出来る人が中級教育カウンセラーの素質として求められています。

上級教育カウンセラー

上級教育カウンセラーは、その専門的な知識と技能を活用し、研修会や講師として先輩の後を辿る後輩の指導・援助を行います。
学校心理士やキャリアカウンセラーなどの資格を取得している人は書類審査をパスすると認定されます。

ケアストレスカウンセラーってどんな資格?

教育の場において色々な問題がニュースや新聞で取り上げられている今、その問題は子供だけのものではなく、子供を取り巻く教育環境や保護者、教師にも共通する問題です。
それらの教育問題はいじめや学級崩壊、不登校などを招いてしまいます。
心に問題を持っている人への関わり方、どのような助言・指導がベストか、対象者が傷付きやすい心理問題などに対して専門知識と技能で対応することのできるのがケアストレスカウンセラーという資格です。
ケアストレスカウンセラーの資格には青少年ケアストレスカウンセラー、高齢者ケアストレスカウンセラー、企業中間管理職ケアストレスカウンセラーがあります。

ケアストレスカウンセラーの活躍の場は、教育機関に止まらず、医療・福祉、上下関係が厳しい企業内などで繰り広げられる人間関係をスムーズにし、“心の健康”を保つために実に様々な場での活躍が求められます。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング