臨床心理士
音楽療法士臨床心理士と関連のある資格

音楽療法士

人を癒す音楽!音を操る音楽療法士

臨床心理士

音楽療法士とは音楽には心を癒す効果があるということが解明されてきてから、近年では音楽が医療に取り入れられ、音楽療法が進められています。

音を扱う音楽療法士につていてご紹介します。

もっと知りたい!音楽療法士ってどんな資格?

資格と仕事内容音楽は心理的/生理的/社会的な働きかけをすることが出来ると考えられ、その作用を利用することにより、心身に起きている障害の改善や機能の維持・回復や向上を目的に使用されます。

精神障害者や認知症を患っている高齢者、自閉症や麻痺のある小児などに歌を歌って聞かせたり、音楽を流して聴かせるというように音楽を用い、患者の心にアプローチしてコミュニケーションを取り、リハビリなどを行う人を音楽療法士といいます。
音楽療法士は民間資格で、日本音楽療法学会が認定している資格です。
資格更新は5年に一度行われます。

音楽療法士という資格を認定しているのは日本音楽療法学会だけではなく、専門学校や大学などの課程を修了し卒業と同時に認定している教育機関や、地方により独自で音楽療法士と認定している場所もあります。

音楽療法士は何をしているの?

音楽療法士は、精神科病院や医療機関などのリハビリテーションセンター、教育機関に設けられている養護学級や高齢者施設などに従事しています。

音楽は年齢を問わずに楽しめ、乳幼児から高齢者までの心身に障害を持っている人に歌を歌ったり聴くこと、楽器を演奏し体験させることで運動機能の維持や向上、社会への適応能力の向上支援をし、音楽療法をリハビリの一環とし、音楽の特性を活かすことが音楽療法士の業務であり、医師や看護師と連携をとりながら行っています。

音楽療法士の歴史は浅く、その認知度も低いため資格を取得しても就職は難しく、ボランティア活動が主になることもあると言われていますが、最近では胎教としてマタニティミュージックなどが医療現場以外の一般家庭でも親しまれるようになりました。
一般手家庭などでのヒーリングミュージックの広まりから、音楽療法士の活躍できる場はこれから多くなるのではとの期待があります。

音楽療法に使用するとは

音楽療法にて扱う楽器は患者自身が演奏する場合とカウンセラー自身が演奏するものがあります。
音楽療法では音色の美しい楽器を用いると、より心に響くと考えられています。

楽器自体は、リハビリを行うセンターに設置してある音響装置やピアノなどの大型楽器を使用する場合と、リハビリ内容によって色々な楽器を外部から持ち込んで行うケースとがあります。
使用される楽器はパーカッションと称される打楽器、ピアノなどの鍵盤楽器、ツリーチャイムなどの音楽療法用楽器などがあります。

患者の使用する楽器には、心身のどの機能に集中して働きかけたいか、治療目的に配慮した楽器を選び、音の出し方では表現方法を、演奏方法では身体コントロールをモデリング(手本や周囲の人を真似ながら学習していくこと)できるようにしていきます。
健康な人が演奏するのとは違い、身体に障害が現れている人もいるため、楽器そのものに工夫を凝らす必要があったり、身体機能の訓練を行う場合は演奏で感覚運動機能を引き出せるような工夫が必要となってきます。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング