臨床心理士
産業カウンセラー臨床心理士と関連のある資格

産業カウンセラー

職場のストレス問題、相談解決!

臨床心理士

産業カウンセラーとは皆さんの会社の人事に産業カウンセラーと呼ばれる人は居ませんか?
産業カウンセラーは社会生活の中でストレスを抱え働く人を応援する心理士です。

産業カウンセラーについて知る

産業カウンセラーの資格について産業カウンセラーとは、産業組織内で働く従事者を対象に、社会生活で起きる職場問題の背景にある家族や共同社会の問題などについて、最善とされる解決方法や処置などの援助を行うスペシャリストです。
職場で受ける過剰なストレスから従事者を守るため、安心して勤務できるように支援したり、生じる問題の処置をするため援助を行うプロです。

産業カウンセラーが活動している領域はキャリア開発への援助、メンタルヘルス対策への援助、職場における人間関係開発への援助の3つを中心に活動しています。

産業カウンセラーを取得する!

産業カウンセラーは国家資格や認定資格ではなく民間資格であり、初級(産業カウンセラー)・中級(シニア産業カウンセラー)・上級(キャリア・コンサルタント)に分けられています。受験資格の取得方法は各級によって異なり、平成21年度(2009年)に受験資格の改正が実施され、実務経験年数による受験資格取得などが廃止されました。各級の受験資格取得方法は以下のようになります。

初級産業カウンセラー

初級産業カウンセラー試験は、4年制大学又は大学院研究科において心理学及び人間学/人間関係学/心理学隣接諸科学のどれかの名称がつく学部か、それらを専門に学び課程を修了させ卒業した人で、A〜G群までの科目の中から1科目を2単位以内として、10科目以上で20単位以上の単位数が必要になります。
科目群からの単位取得にあたって、D〜G群までの取得単位は6単位内までとされています。

中級シニア産業カウンセラー

中級シニア産業カウンセラー試験は、初級である産業カウンセラーの資格を所有し、大学院研究科において心理学隣接諸科学/人間関係学/人間科学および心理学のどれかの専門課程を修了させ、A〜G群まである科目から1科目を2単位以内として4科目以上の8単位以上を取得する必要があります。
またD〜G群の科目について、取得単位は2単位以内となっています。

上級キャリア・コンサルタント

上級キャリア・コンサルタント資格を取得するためには以下の様な方法があります。

  1. 産業カウンセラーの資格を取得し、日本産業カウンセラー協会が実施しているキャリア・コンサルティングの基礎学識並びに技術を学ぶための特別講習の課程を終えた人
  2. シニア産業カウンセラーの資格を有していますが初級産業カウンセラーの試験に合格しておらず、キャリア・コンサルティングの特別講習を終えた人
  3. シニア産業カウンセラーの資格試験に合格していて、且つ産業カウンセラーの資格試験に合格し資格を有している人
  4. 二十歳を過ぎた後、通計3年以上の職業経験があり、日本産業カウンセラー協会または協会が他の事業所に委託して行っているキャリア・コンサルティングの基礎学識並びに技能を取得するための講座、または協会側が委託実施の講座と同水準以上であると指定した講座の課程を修了させた人
  5. 二十歳を過ぎた後に人事労務管理または職業相談業務を職務として勤めていた期間が通計4年以上の人
科目群
A群 心理療法各論(行動療法、精神分析など)、臨床心理学、カウンセリング、産業カウンセリングなどの科目群
B群 カウンセリング実習、カウンセリング演習などの科目群
C群 心理アセスメント法、人格心理学などの科目群
D群 キャリア概論、キャリア・カウンセリングなどの科目群
E群 グループダイナミックス、産業心理、産業・組織心理学、人間関係論などの科目群
F群 労働法令の科目群
G群 心身医学、精神医学、ストレス学、精神保健、職場のメンタルヘルス、精神衛生などの科目群

※科目群に関しては産業カウンセラー、シニア産業カウンセラー両資格共通科目となります。

試験概容はどうなっているのか

試験で試されるのは、初級の産業カウンセラーでは基礎知識、技能とその人の持つ一般的な素養です。
一次試験では筆記/小論文/実技、二次試験では面接が行われます。

中級では専門的な知識と心理臨床で得たカウンセリング技能、高次の素養についてテストで、一次試験で筆記/面接テープ及び逐語記録、二次試験で面接が行われます。

上級では広範囲に及ぶ高度で専門的な知識と心理臨床でのカウンセリング経験による技能、次期産業カウンセラーの養成経験を論文/書類/面接審査で見極められます。

各級で行われる内容は違い、学科では小論文、産業カウンセリング概論、パーソナリティ理論、実技においてはロールプレイと口述試験となります。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング