臨床心理士
精神保健福祉士臨床心理士と関連のある資格

精神保健福祉士

精神保健福祉分野のスペシャリスト〜精神保健福祉士

臨床心理士

精神保健福祉士とは健康な人に対する支援を行う資格もあれば、精神疾患を支援する資格もきちんと存在します。
精神保健福祉の分野で活躍する精神保健福祉士についてご紹介します。

精神保健福祉士が出来ること

精神科ソーシャルワーカー(PWD)の仕事精神保健福祉士は、1997(平成9年)年に定められた「精神保健福祉法」という法律を基礎として誕生した国家資格で、精神科ソーシャルワーカー(PSW)とも言います。
この精神保健福祉士は、国家資格である“社会福祉士”、“介護福祉士”と並び、三大福祉資格(通称三福祉士)と呼ばれています。
精神疾患や精神的障害を抱えている人たちが、円満に日常生活を送れる援助や社会復帰への訓練や助言、指導などを行うことを職務としています。

国家資格は全て同じというわけではなく、「名称独占」と「業務独占」の2つに大別されます。
精神保健福祉士は名称独占に属されます。
名称独占の場合、精神保健福祉士の有資格者に限り、“精神保健福祉士”と名乗ることが許されますが、その業務内容については精神保健福祉士の資格を有していない他の資格者でも行うことが出来るとされています。
医師や看護師などについては業務独占の資格となります。

2005年(平成17年)には「障害者自立支援法」という障害者のための法律が制定され、精神保健福祉領域での活躍が期待されているのが精神保健福祉士です。
ストレスにより精神疾患や障害を発症させてしまう人も少なくないこの時代において、とてもニーズのある精神保健福祉士なのですが、求人は少ないそうです。精神障害を持つ人が働く授産施設やグループホームなどの求人は見られています。
医療機関での募集はあまりないと言われていますが、大きな医療機関などは求人募集も出ているそうです。

精神保健福祉士が行う業務

精神保健福祉士が行う主な業務は、精神に障害を抱える人を支援することです。
精神保健福祉士は、国家資格であるその名称を扱い、精神的な障害を持つ人の福祉並び保健についての専門知識とスキルで援助を行います。
精神医療機関やその他の精神診療を扱う施設にて精神障害の治療を受けている、又は精神障害者が社会生活へ復帰すること目的としている施設などを利用している人の社会復帰についての相談・指導など援助を行います。

精神保健福祉士はその資格を活かし、実にさまざまな機関に従事しています。
精神疾患を扱う医療機関をはじめ、精神障害者生活訓練施設(援護寮)や精神障害者地域生活支援センターなどの精神障害者の社会復帰を支援する施設、保健所などの国が設置する行政機関、その他にも障害者職業センターや職業安定所(ハローワーク)などもあります。

精神保健福祉士を目指そう!

精神保健福祉士の資格取得には保健福祉系大学・福祉系大学・一般大学などの教育機関にて指定科目を履修し、相談援助の実務経験(さらに養成施設での教育が必要になる場合もある)を積むことか、社会福祉士の資格を有し短期養成施設で半年以上の教育を修了させること、相談援助の実務経験が4年以上あり、一般養成施設にて1年以上の教育を受けることなどを終了させること、その他通信教育などでも精神保健福祉士の受験資格を取得することが出来ます。

精神保健福祉士国家試験の出題基準/合格基準は2008年(平成20年)5月に「精神保健福祉士法施行規則」が改正されるとともに、平成21年度(第12回)の試験から出題基準/合格基準ともの改正されたものが適用されるようになりました。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング