臨床心理士
心理療法士臨床心理士と関連のある資格

心理療法士

専門分野で名称が変わる心理療法士

臨床心理士

心理療法士とは心に問題を抱えている人、心の病気で悩んでいる人の心に訴えかける仕事が心理療法士です。
心理療法士の業務についてご紹介します。

心理療法士が行う業務とは

専門性の高い心理療法士心理療法士とは心理カウンセラーと呼ばれ、多岐に渡る心理系資格で使われる呼称のことです。
自分が専門とする分野に特化した資格を取得すると、心理療法士の名称も変化していきます。
民間資格を取得するとカウンセラーや交流分析士となり、学会認定資格では認定心理士や学会認定カウンセラー、他にも行動療法士や産業カウンセラーなど専門により様々な心理士資格へと呼称が変わります。

心理療法士は、その専門知識とスキルを持ち、心に問題を抱える人の悩みを解決することを業務としている心理の専門家です。
心理カウンセラーが扱う心理問題には、アルコール依存症や引きこもり、家庭内暴力などの個々にわたる症状や心に訪れる異常があります。

このような人たちが心身ともに自立できるように援助することが心理療法士の役割となります。
この資格を持って働く場所は医療機関の精神科や心療内科、身体障害を持つ児童施設、児童相談所などです。

心理療法士が扱うスキル

心理療法士は、話術を用いて来談者(クライアント)の心や行動に変化を起こすためのサポーターです。
自分を見つめることや違う自分の発見、思考の変化や視野を拡大させたりと、来談者の生活に新しい変化を促すことが援助目的となります。

カウンセリングで行われるのは、身体に直接働きかける動作療法やコミュニケーションによる心理療法、他にも音楽療法や催眠療法など様々な治療法を用いて、個人にあった治療法です。
カウンセリング毎に分けると、心的健康の回復を目的とする治療的カウンセリング、心身の健康管理や自己による問題解決能力を高めることを目的とした予防的カウンセリング、認識している問題解決を目的とした問題解決カウンセリング、自分の中にある欲求を自己実現するための支援を目的する開発的カウンセリングなどがあります。

心理療法士資格を取得するには

心理療法士の資格を取得するには、大学および大学院にて心理学の学科を履修する必要があり、最近は専門学校でも心理療法士を育成するための養成課程を開設している所もあります。

カウンセリングは医療行為と違います!

心理療法士のことを心理カウンセラーと一まとめにして称していますが、医療行為は行えません。
薬の処方や投薬、診断などの医療行為は医師にのみ認められている業であり、医師以外には認められていません。

心理療法士が行う精神療法やカウンセリングにも一定の制限があり、クライアントの疾患や症状が重篤な場合は精神科医および心療内科医と連絡を取り合いながら治療に取り組むことが必要です。

心理療法士がどこにも従事せず個人開業した場合には、訪れたクライアントに薬の投与を行ったり、病気の診断を行うことはできないことに対する注意が必要です。
また、医療機関と間違えてしまうような施設名や、医師と誤解するような名前を使用しないことも重要です。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング