臨床心理士
森田療法行われている心理療法

森田療法

神経症は森田療法で!

臨床心理士

森田療法とは神経症などを持っている患者にとって、不安を受け入れるのはとても困難なことかも知れません。
森田療法では不安を受け入れることや、不安に捉われている自分から脱出する手助けをしてくれる治療法です。

森田療法の概容

強迫神経症・パニック障害・うつ病にも効果がある森田療法森田療法とは、当時、東京慈恵会医科大学精神神経科で初代教授をしていた森田正馬が1919年(大正8年)に神経症に対する治療法として確立させた精神療法です。
現在では森田療法と呼ばれていますが、森田医師自身は「家庭療法」「神経質の療法」「自覚療法」など療法名を付けて呼んでいました。
しかし後に森田医師自身の名前から取って呼ばれるようになりました。

この治療法は、強迫神経症や対人などに対する恐怖症、パニック障害などの不安神経症などに対する効き目があるそうです。
更に近年では、うつ病や悪性腫瘍を患っている患者の精神的ケアなどの分野にも効果があると言われてきています。

森田療法は、「不安や恐怖、また、私たちに起こる苦悩や苦痛は生きる欲望があるからこそ生じるということを理解する」「生じる不安や恐怖にのまれ捉われ、その不安などから逃れよう・除去しようとすると、不安や恐怖は増強まる」「捉われてしまう心を問題として取り上げる」「捉われからの解放治療を目指す」「不安や恐怖などをありのままに受け入れ、生きるための欲望に重点を置く」などといった基本となる考えがあります。
森田療法における特徴は、神経症から起きる恐怖や不安を取り除くのではなく、受容することで不安などから抜け出すこと、免疫力や自然治癒力を発揮するということにあります。

自身の中に生じる不安や恐怖という感情は、人生や生活を充実させようとする欲望(生の欲望)があるから起こるもので、神経症などの患者だけでなく誰もが持っている自然な現象なのです。
ですが神経症を発症してしまう人は、心の内に生じる恐怖や不安という感情を“存在してはいけないもの”と思い、取り除こうとするために反対に捉われてしまうという負の連鎖にはまることに・・・。
この負の連鎖から抜け出すには、不安等の感情を除去しようとするのではなく、“あるがまま(自然服従)”を受容することが負の連鎖から抜け出す方法と考えられています。

神経症は何故起こる!?

森田療法の対象疾患である神経症に陥る人は、神経質素質(神経質性格)という要素を元から持っていると言われています。
頑固・内気・完璧主義・負けず嫌い・心配性など、強気と弱気が常に存在する性格を持ち合わせており、それらが拮抗しているために自身の中で葛藤を起こしやすい性格でもあります。

神経症は、神経質素質(神経質性格)をベースに「心理的メカニズム」によって引き起こされると考えられました。
森田医師が考えた「心理メカニズム」には二分する二つの仕組みによって発症すると考えられています。

精神交互作用

ある感情や感覚に対して過剰に注意し過ぎると、その感情や感覚は過敏に反応することになり、それらが定着されてしまいます。
結論として、感情と過剰な反応や注意が影響を与え合うことで、その感情が一層膨張するという精神過程のことです。

例として、疲労などが蓄積されたことにより動悸などを引き起こすことがあり、神経質な人にこの症状が見られた場合、心臓疾患ではないかという不安に駆られます。
更には動悸に注意が向きだすと自律神経の緊張が高まり、心臓の動悸が強まります。
そうなると心臓への注意がさらに高まり、動悸が強さを増すなどの負の連鎖が生じてしまいます。
そうして「また起こるのでは?」と抱く不安のことを“予期不安”と言います。

思想の矛盾

神経質素質(神経質性格)を持ち合わせている人は、沸きあがる感情を“このようにあるべきだ”、“こうではいけない”というように理性で抑える、または解決しようとする方向に考えています。
その中でも、恐怖や不安など自分にとって不快感を現す症状を除去しようとする傾向があり、出来ないことを出来るようにしようとすることで真理的な葛藤が発生しやすくなります。

神経症を患っている人に見られる“こうあるのが当然だ”という理想と、実際の自分との矛盾(食い違いやズレ)を思想の矛盾といい、間違った意識であることを指しています。
不安や恐怖を含む感情や気分は、誰にでも生じるものであり、反応でもあります。自己理性でどうにか制御できるものではないのです。

どのような治療で神経症を治すの?

森田療法で行われる治療法には外来療法と入院療法があり、森田療法では主に入院療法が中心でしたが、近年では外来療法が主流になってきています。
入院療法が行われるのは重篤な神経症患者となり、比較的軽度な患者には外来療法(通院治療)が行われます。

入院療法では、段階ごとに治療内容が分けられています。
第1期に絶対臥褥期、第2期は軽作業期、第3期では重作業期、第4期に至ると社会生活への準備期になり、これらの段階を踏んで神経症からの回復を図ります。

外来療法では、その日の出来事を日記に記すという日記指導があります。
日記をつけることにより、その日の行動や感情を省みることができ、主観的に文章を書くことができるからです。そのほか、通院療法では体験フォーラムへの参加などを促したりもします。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング