臨床心理士
家族療法行われている心理療法

家族療法

個人の問題?それとも家族の問題?

臨床心理士

家族療法とは自分の子供が引きこもり等になってしまったら、どう対応しますか?
家族の問題として解決に乗り出しますか?

それとも諦めてそっとしておきますか?

家族での問題解決!

ファミリーセラピーの効果家族療法は1950年代にアメリカで行われた精神療法で、“家族セラピー”、“家族カウンセリング”、“ファミリー・セラピー”などの呼称で呼ばれ、コミュニケーション派や戦略派、行動派など多くの理論と技法があります。
家族療法が用いられる疾患は多くあり、うつ病や対人恐怖症、不登校、アルコール依存症、摂食障害、自傷行為、引きこもり等というように対象となる病気は限りがありません。
また、強迫性障害や摂食障害、家庭内での暴力や虐待によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)などに家族療法が効果を示すと言われています。

問題を抱えているのは家族の中の1人、つまりは個人の問題です。しかし、家族療法では個人とその問題だけを対象とするのではなく、個人を含む家族を対象に援助します。
個人の抱えている問題を家族全体で取り上げて話し合ったり、家族だけで問題を解決できるように援助していく精神療法です。

この精神療法は、一家族全体をシステムとして考えます。
そして一人ひとりがシステムを作る成員(メンバー)となり、家族全体がカウンセリングの対象です。
家族システムは、数人の人間が集まっただけの集合体として捉えるのではなく、集合している成員が家族内の人間関係や会話のスタイルを確立させ、刺激を与え合う独自の構造を持つ有機体です。

家族療法の中では、問題を抱えている人をクライアントや来談者とは呼ばず、“IP(identified patient)”と呼んでいます。
家族内で問題を抱えている人(IP)が出てくるということは、その家族システムが持っていた役割が機能しなくなるというシグナルになります。
そうしてカウンセリングの中で、“問題を抱えている人”という視点から“システム内でその問題を役割とする人”というように個人的な問題から家族手全体の問題へと換えていきます。

家族療法で行われる技法

カウンセリングを行う過程では、家族のライフサイクルや発達段階を視野に入れ、個人の話を傾聴します。
家族のライフサイクルは6段階に分類されています。
「生まれた家や両親・家族からの自立/成人期」、「子供が自立し親離れ/子離れの時期」、「子供の結婚による相手家族との結びつき/新婚時期」、「幼児の子育て時期」、「老年期を迎える時期」があります。

家族療法で行われるカウンセリングには、IPだけでなく家族全員を同じ場に呼んで行うこととなります。
臨床心理士などのカウンセラーは家族のライフサイクルを念頭に置きつつ、システムである家族成員の思いを傾聴します。
家族で行われる話し合いの中で、直面している問題や家族についてのイメージや思考が変化していきます。
臨床心理士たちカウンセラーは一時的に家族システムに加わることで、蓄積された問題の解決の手助けし、機能しなくなったシステムに対し新たなパターンや関係性を確立させ、家族システムに変化や発展促進を目的としています。

これによって家族システムに新たな循環システムがつくられます。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング