臨床心理士
資格,試験資格取得・受験資格

臨床心理士になるには?

臨床心理士の目指し方

臨床心理士

臨床心理士になるためにどの資格取得にも試験があり、試験を受けるためには受験資格を得ることが第一条件になります。

資格取得までの時間が長期になる臨床心理士はどのようにして受験資格を得るのでしょうか?

受験資格は大学院で!

受験資格の概要臨床心理士の受験資格は、高卒・大学卒業では与えられず、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院での必要課程を履修した人に与えられます。
日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院には第1種と第2種ふたつの大学院があり、第1種指定大学院の人は課程修了と同じくして臨床心理士の受験資格を取得できます。
また、第2種指定大学院の人は必要課程を修了した後に心理臨床の現場にて1年以上の実務経験後に受験資格を取得できます。
他にも臨床心理士の受験資格を取得できる条件として、臨床心理士の養育に関わる専門職大学院での課程を修了させた人、医師免許を取得していて心理臨床での実務経験が2年以上ある人、海外において指定大学院と同レベル以上の教育を受け心理臨床での実務経験が2年以上ある人などです。

臨床心理士の資格試験合格率は毎年約6割前後となっています。試験内容はそれほど難度が高くはないと言われていますが、受験資格を取得するまでが大変かと思われます。

指定大学院って何?

日本臨床心理士資格認定協会が臨床心理士の資質水準を一定に保ち、維持することが出来ると認めた大学院のことを指定大学院と言います。

専門職大学院は何が違う?

臨床心理士を養成する指定大学院の中から、一層専門的な養育のカリキュラムの強化・充実を実現し、臨床心理士育成に関する規定の専門教育内容が整えられている大学院を専門職大学院と言います。
この専門職大学院は国立・私立併せて数校しかありません。

専門職大学院の課程を終了した後、臨床心理士の受験資格を取得できるとともに、一次試験で行われる論文試験が免除されます。

臨床心理士の資格試験概容

資格試験では、臨床心理士として必要な臨床心理査定、臨床心理的地域援助、地域援助における研究調査等に関与する基礎的知識・技術、臨床心理面接について審査が行われます。

一次試験では、筆記による約100問ほどのマークシートや多肢選択方式による“設問”と“小論文”です。
小論文のテーマは臨床心理に関する内容で論述を展開し、1001〜1200字程度にまとめます。
設問の出題範囲として挙げられているのは、臨床心理学・心理療法・統計法・精神疾患・地域援助法・倫理・心理査定法・法律/法令など、臨床心理士が行う専門業務に関わる知識が必要とされます。
一次試験の制限時間は150分(2時間30分)とされ、その時間内に約100題のマークシートに小論文を終え、見直しをするとなると更に時間が必要となります。
問題の解答時間の短縮や見直し時間の短縮に気を配りながら試験を行っていく必要があります。

二次試験の内容は面接による口述試験です。
二次試験は、一次試験で一定のレベルを上回っている人に数名の面接官が審査を行います。
臨床心理士の試験では、過去の試験問題を解いておくのは基本ですが、過去問がまるまる出題される訳もなく、二次試験で問われるのは臨床心理士の性質をどのくらい理解しているかが問われる試問とされています。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング