臨床心理士
求人,募集臨床心理士の概容

求人・募集は?

臨床心理士はどのくらい求められている?

臨床心理士

臨床心理士の需要とは?現在、需要が伸びていると言われる臨床心理士ですが、求人・募集はどうなっているのでしょうか?
また派遣で働く臨床心理士の実情を少しご紹介します。

臨床心理士の求人/募集の現状

求人・募集の状況臨床心理士は、需要の高まりつつある資格で取得者がぞくぞくと続いているのですが、需要に比べ募集が少なく、なかなか就職が決まらないなどの問題が浮上しています。また臨床心理士は非正規での雇用形態が多く、就職が困難であることは確実と思われます。
臨床心理士を取得すれば就職は確実・安定した収入を得られる職業だと思い資格を取得した人、又は取得しようとしている人が中には居るかもしれませんがそれは間違いです。

臨床心理士の資格は今人気が出始め、現代においてその能力が求められているため、大きな落とし穴にはまってしまったのかも知れません。
資格を取った後、臨床心理におけるスキルが伴わなければ診療現場では意味を成しません。
カウンセリング技術がなく、仕事が出来ないとなると非正規雇用の場合でも仕事の依頼がなくなってしまいます。

就職時に資格が有利になるの?

臨床心理士という資格が就職時に有利かどうかというと、心理系の中では他の心理士資格よりは少しだけ有利でしょう。
ですが、正規雇用で勤められる人は少なく、非正規雇用の仕事を掛け持ちして生活しているという人も少なくありません。

また、厚生年金や社会保険などの社会保障制度がつかない職場もあるので、とても安定している仕事とは言えず、カウンセラーという心理職を断念し、違う職種に就く人もいるようです。
臨床心理士は、収入に捕らわれずに業務をこなす人に向いているかも知れませんが、給与や待遇など安定を求める人には向いていないのかも知れません。

医療機関への就職

医療機関での就職希望などの場合、採用募集は少数に限られ、他者の紹介やコネでの就職内定が多いと言われています。
ですから自力での医療機関就職には難があるかも知れません。臨床心理士は他者の心理ケアを行う職種なので心身ともに厳しい仕事です。

非正規雇用でのスクールカウンセラー等は雇用が広がるようにも考えられていますが、正規雇用は難しいと言われています。

教育機関への就職

スクールカウンセラーなどの教育分野で就職する場合、雇用先と臨床心理士の間で交わされる契約内容は非常勤が殆どですが、実の契約形態は委嘱(委託)契約とされています。
委嘱契約とは事業主同士が交わす契約のことを言い、臨床心理士は一事業主として処理されます。

臨床心理士は個人事業主であり労働者と扱われないため、労働基準法など労働に関する法律の対象外となります。
委嘱契約となると最低労働賃金の規定も取り外され、年次休暇や有給さえも与えられないのです。
臨床心理士は労働者として扱われないので、労働組合などの援助も受けることができません。

臨床心理士の派遣労働?

臨床心理士の多くは非正規の雇用契約で勤務している人が殆どです。
非正規雇用では給与などの安定が得られず、多くの人が派遣としてスクールカウンセラーなどの掛け持ちをしているようです。

非常勤の掛け持ちをして、いくつかの学校で働いているほうが、常勤よりも収入面が良いから正規社員には納まらないという人もいるようです。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング