臨床心理士
収入,年収臨床心理士の概容

収入・年収

お給料だけでやりがいは決まらない!

臨床心理士

臨床心理士の給料一般的に臨床心理士の給与、年収は低いと言われています。
自分のやりたいことだから収入が低くてもカウンセラーになる人、資格だけを取得して安定した職に就職する人というように意見は人により分かれているようです。

臨床心理士の気になる収入!?どれくらいなの?

仕事内容と収入の関係臨床心理士の資格を取得したからといって、就職先がスグに見つかったりということはありません。
臨床心理士の資格があるおかげで業務における幅は広がりますが、常勤ではなく非常勤雇用の職場ばかりで離職する人も多いようです。

臨床心理士がもらう給料・年収

臨床心理士の年収は200万円から、個人開業や従事先によって1千万円にもなるなど給料の幅が広く、従事する職域や私設、個人の実務経験数などに比例するそうです。平均年収は約400万円前後と言われています。
時給は非正規社員でも1.000円〜1万円くらいで、勤務日数により給与に変化があるようです。
会社などの企業に従事する産業カウンセラーの収入も臨床心理士と大きな差はないと言われています。

臨床心理士らカウンセラーと呼ばれる人は、人の心の問題を解決するために常にクライアントの問題に向き合っていかなければならない、また守秘義務としてクライアントの問題を一生自分の胸に秘めておかなければならない等、カウンセラーには強靭な身体と精神が求められるでしょう。
このように肉体も精神も大変キツい業務内容に対し、臨床心理士の収入の現状は安定していません。
医療機関などで正職員として採用してもらうと収入面の安定具合は大分違いますが、臨床心理士の勤務先の雇用形態は非常勤や臨時職員としての雇用が多いと言われています。
また非常勤の場合は賞与(ボーナス)や福利厚生、退職金が得られない場合が殆どだったりします。

仕事内容に見合わない収入だけど…

臨床心理士資格で公務員として採用してもらえれば、非常勤職員と違って安定した給料や年収が望めますが、公務員採用も倍率が高く、そう簡単には行かないようです。非正規社員でも掛け持ちしながら仕事をしている人も少なくはありません。
医療機関を掛け持ちしている場合などの方が年収のアップが見られたりすることもあるようです。
また掛け持ちをしているということは、裏を返せばそれだけ臨床心理士の人手が足りていないという風にも捉えることが出来ます。

臨床心理士は、収入以上に多くの人生経験を積むことの出来る職種で、クライアントにより変わってくる問題に対し、柔軟に対応していくことが更に先の将来の収入にも比例してくるのではないでしょうか?
実務経験のない臨床心理士に初めから高収入の待遇は期待できないかと思われます。
カウンセリングの技術など実力がものを言う世界なので、経験や能力が収入に比例するとも言えるでしょう。

人の役に立つことや、やりがいを感じられるところがこの資格の魅力でもあるので、収入の問題に左右されて諦めずに、臨床心理士の職業を続けていくことが大事になるのではないかと思われます。
また臨床心理士は現代において、これから需要の高まる傾向なってきているため、この先のカウンセラーの待遇や就業状況が見直されてくることも期待できるのではないでしょうか。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング