臨床心理士
支援活動臨床心理士の概容

臨床心理士の支援活動

臨床心理士に期待される支援活動

臨床心理士

臨床心理士の支援活動臨床心理士は働いている現場や地域にて支援活動を行っています。
教育分野でのスクールカウンセラーや保健/医療分野の子育て支援、高齢者支援も臨床心理士の支援活動に挙げられています。

地域に根付いた支援活動

支援活動の種類現代のストレス社会において、精神的に落ち込んでしまっている人たちの心の問題を解決するために存在するのが臨床心理士です。
最近では個人での開業を行っている臨床心理士も増えているようで、復職に対する相談援助など臨床心理士に対する期待は大きいように思われます。

高齢者支援

高齢社会を迎えた日本人口のおよそ2.000万人位が75歳以上の高齢者と言われています。
高齢者への心のケアも重要ですが、介護などの心因的な疲労が蓄積される家族や関係者への心理相談などの支援活動が必要となります。

私設臨床心理士

個人開設をしている臨床心理士のことを私設臨床心理士と呼びます。
私設臨床心理士は最近増えてきています。
来談者(クライアント)から報酬を直接受け取ることで職業的な自立をした臨床心理士です。

開設した地域で住民が抱えている悩みを気軽に打ち明けることの出来る臨床心理の支援を行う場として、期待されている支援です。

学校臨床心理士(スクールカウンセラー)

スクールカウンセラーという職域は、1995年(平成7年)から日本全国の公立中学校での配置が始まった文部科学省が推進している事業です。
スクールカウンセラーとして臨床心理士を配置していた学校も開始当初は、全中学校から見ると少なかったものも、数年前には約10.000校へのカウンセラー配置が成されました。
中学校に派遣されていた臨床心理士も当初に比べ、現在では数千名にまでに増えています。

最近では問題発生の低年齢化に拍車が掛かっていることもあり、小学校へのスクールカウンセラー配置が進行されています。
また学校での事件・事故が発生したり、生徒が巻き込まれるなどの予期せぬ事態が起こった場合に、学校や各教育機関からの要望を受けて、児童・生徒への精神ケアや心理相談、支援活動、父兄や教育関係者に対する支援を行います。

犯罪被害者等支援

事件・事故などで被疑者を含む家族は、身体的被害だけでなく精神的にも被害を受けています。
臨床心理士は被害者の支援と、家族や周辺の人たちに対する精神ケアや心理相談などの援助が必要とされます。

“医療”“学校教育”“児童福祉”などの他の領域である各機関から、専門的な心のケアが求められています。

子育て支援

少子高齢化や核家族化が進行し、女性の社会進出などの原因が混ざり合い、家族だけでの育児は困難な時代となりました。
一昔前はご近所さんに助けてもらって地域で子供を育てていたのが、凶悪犯罪が増加しているためか近所付き合いも遠くなっている家庭も多いかと思われます。
そんな現代の中、子供の周りの状況は更に深刻化し、育児不安や児童虐待、不登校、イジメなどが悪質化しています。
こうした状況を打破するために臨床心理士を始め、様々な職種の人たちが子育て支援を援助する活動を行っています。

特に臨床心理士は、心と対話するという特殊な技能を活かした活躍が嘱望されています。
子育て支援の主な役割としては“養育者/乳幼児への心理的援助”、“クライアントと育児状況の評価(アセスメント)”等があります。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング