臨床心理士
職場臨床心理士の概容

臨床心理士の従事場所

臨床心理士の勤務場所

臨床心理士

臨床心理士の職場臨床心理士が働く場所や領域は数多く、医療/産業/福祉/教育/司法/個人開業などがあります。
様々な職域でストレスを抱えている人にとって臨床心理のスペシャリストの存在は欠かせないものとなっています。

カウンセラーの職域分野

多岐に渡る活躍の場働く現場が分野毎に分類されているからといって、人の心の問題がその分野に納まることはありません。
臨床心理士らカウンセラーは、自分が専門とするカウンセリング以外にも専門領域を超えた働きかけや、その場の適応力が求められます。

保健/医療分野

医療機関(小児科、精神神経科など)にて患者の心理相談が行われます。
医療機関以外では精神保健福祉センターや保健センターにて、臨床心理士が小児科医や保健師等と一緒に乳幼児の検診や成長の不安など子育て相談にも応じます。

婦人科では不妊治療に対するカウンセリング等、クリニックでは子供の発達に関する相談・助言などが行われています。

医療機関ではアルコール依存症や認知症のデイケアやホスピスなどを併設している機関もあり、併設機関にも臨床心理士は配置されています。
また老人保健施設やリハビリテーションセンターなども従事場所となっています。

産業/労働分野

現代社会において職場の形態は多様化し始め、収入や雇用に対するストレスや不安感は募っていきます。
臨床心理士は、従事する職業への適性問題や就業生活などの心理的援助を行います。

職業安定所(ハローワーク)、安全保健センター、障害者職業センターなどが従事場所です。

福祉分野

子供の発育上の相談や子育て相談を支援とし関わります。
児童に対する虐待や家庭内に関する子供の心身の発達相談、障害を持った子供または大人の療育・相談/支援にも対応することがあります。
心身障害者福祉センターや老人福祉施設、児童相談所などに従事します。

教育分野

教育機関に配置される臨床心理士はスクールカウンセラーと呼ばれます。
これまで生徒の相談には教員が応じていたのが、近年いじめや自殺が増え、深刻化する生徒の心に教員では対応し切れなくなってきています。
集団行動を苦手とする又は難しいとされる生徒や、イジメやその他の事情で登校が困難な生徒の相談、生徒の父兄の心理的援助・相談に応じています。

教育分野では心理相談の他にも適応指導室での指導も行われます。
心理相談は生徒やその家族だけでなく、そこに従事する教職員の相談援助も行われています。
教育分野での従事場所は、幼稚園から高等学校までの教育施設、予備校(名称はスクールカウンセラー、教育相談員と呼ばれます)、各種教育相談機関などがあります。

司法/矯正/法務分野

司法の分野では家庭裁判所、法務分野は保護観察所や少年院、児童自立支援施設などがあり、警察機関の科学捜査研究所などに勤めることがあります。

家庭裁判所では調査官として少年事件などに携わり、鑑別所や刑務所などでも受刑者の処遇を検討する際の心理テストや集団カウンセリング、心理面接などを行っています。
警察機関では少年非行などの相談や、犯罪被害者への心理ケアも行われます。

【臨床心理士ガイダンス】コンテンツ分類
  • 【臨床心理士の概容】仕事の内容や働く場所、必要な資格や求人・募集状況と給料・年収とは
  • 【資格取得・受験資格】臨床心理士に必要な資格を習得する為の試験とは?
  • 【行われている心理療法】様々な療法があるから適切な治療ができる
  • 【臨床心理士と関連のある資格】心の病気、精神不安などを解消するための資格
【臨床心理士ガイダンス】コンテンツメニュー
  • 臨床心理士になるには? - 受験資格/試験内容は?
  • 収入・年収 - 臨床心理士の給料はどれくらい?
注目記事(臨床心理士ガイダンス)ランキング